2012年04月09日

胃が悪いと口臭がきつくなる?

胃が悪いと余計に息が臭いなんていうことを聞いたことはありませんか?
本当に胃が悪いせいで口臭がきつくなるってことはあるのでしょうか。

息が臭くなる原因にはいくつかのタイプがありますが、
その中に舌苔と呼ばれる舌に白いコケのようなものが
付くことが原因で口臭が起こることがあります。

では、どうして舌苔が付くのかというと、胃炎などを起こしていたりして
胃が悪いと、舌苔が付くことがあります。
舌苔が臭いを放ち、息が臭くなることがあるので、
胃が悪いと口臭がひどくなると言われているのでしょう。

しかし、胃が悪いから口臭が起こるということよりも、普通は口の中の
病気などに原因があることがほとんどなんです。

その他には、胃の働きが弱くなることで血液中に老廃物がたまることがあります。
そのようなときには、肺から息の中にニオイが出ることはあります。
繊維質の多いものを摂ると、このニオイの原因となるものを排泄するので、
これを防ぐことが出来ます。

あと、口臭の原因のひとつに、空腹時、つまり胃がからっぽの状態のときに
起こるというものがあります。
このことも、胃と口臭が深い関係にあると思われているひとつの要因でしょう。
胃がからっぽの状態のときに息が臭くなるのは、唾液の分泌が悪くなっているせい
かもしれません。

口の中が乾燥して乾いていると口臭がキツくなります。
そのため、胃の中がからっぽで、唾液が分泌されていない状態だと
口臭がキツくなるといえます。

このように、胃の調子が悪いせいで舌苔がつき、その舌苔が口臭の原因になっていたり、
胃がからっぽの状態で唾液の分泌が鈍り、そのせいで口臭がキツくなったりはします。
しかし、必ずしも胃の調子が悪いせいで口臭がキツくなるとは言えないのです。

ほとんどの口臭の原因は、歯周病などの口膣内の疾患などによるものが多いのですから。
しかし、胃が悪いことが口臭の直接の原因になっていると思っている人はとても多いようです。

食道と胃の間には噴門部と呼ばれる部分があり、普段はこの部分が閉じられているので、
実際には、胃のにおいがゲップ以外であがってくるということはありません。

まれに、胃ガンなどの疾患がある場合に息が臭くなることがありますが、
普段は、胃が悪いことが直接の口臭の原因ではありません。



ラベル:息が臭い 原因
posted by ikigakusaikaizenn at 10:00| 臭いの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
婚活ならパートナーエージェント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。