2012年04月20日

虫歯があったら息が臭くなる?

虫歯があると、息が臭くなるのでしょうか?
もちろんです。

虫歯があると、歯の穴のあいた部分に食べ物のかすなどが溜まります。
その食べかすを細菌が栄養にして酸を生産して、その酸によって
歯が溶け出してさらに虫歯が広がっていきます。
虫歯菌が出す酸や、食べかすなどが腐敗した臭い、虫歯が進行することで
化膿して膿が出たときの臭いなどが口臭の原因となります。

虫歯があると、口の中で沢山の細菌を飼っているというのと同じです。

また、虫歯があると歯磨きなどのブラッシングがすみずみまでできないことがあり、
どんどん歯垢(プラーク)が溜まってさらに臭いの元になります。

そして、噛み合わせに支障をきたしたり、体の骨が歪んできたり、その結果
肩凝り・頭痛・便秘・腰痛・肥満などの様々な疾患の原因にもなります。

虫歯はきちんと治療を行う必要があります。
放っておいて自然に治ることはありませんので。

しかし、虫歯の治療をきちんと行ったにも関わらず、息が臭いのが
治らない場合は、他の疾患や原因などがある可能性があります。

まずは歯科できちんと検査を受け治療をして、その他の疾患もないか
検査を受けたり治療するのをおすすめします。
ラベル:息が臭い 虫歯
posted by ikigakusaikaizenn at 05:30| 臭いの原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
婚活ならパートナーエージェント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。